検索

差別発言をする人のなかになお、光がある

更新日:2021年11月23日

「闇の中に光はある。闇と光は別ではない。差別発言をする人のなかになお、光がある。」


昨夜、東八幡教会の星の下会員交流会で、奥田牧師が言っていた。


わかっているつもりだったのに、忘れてしまう。 自分のなかの嫌悪や怖れに流されて、誰かを裁いて分断しようとする反応が起きていた。

昨日の夕刻、奥田さんは彼と話をしたと言っていた。

元の動画を見る勇気がまだないヘタレなわたしは、彼の謝罪の動画だけ見た。

そのなかで彼は、自分は助けてもらったことはなく、一人で這い上がってきた、ということを言っていた。


そうではないのだ。人は必ず誰かに助けてもらっているのだ。人はつながっているのだ。


そう頭で理解しようとしても、自分ががんばらなければ、挫折するのは自己責任だ、という声が、わたしの心の奥にも低く流れている。


生産性と自己責任。 奥田さんのことを最初に知った動画を思い起こす。


これから彼は、奥田さんのいるNPOほうぼくに困窮者の現実を学びにいくという。

たくさんの、かけがえのない出会いが、きっとあると思う。


相模原殺傷事件 植松被告控訴取り下げ NPO法人「抱樸」理事長の奥田知志さんのインタビュー



東八幡キリスト教会 https://higashiyahata.info/


認定NPO抱樸(ほうぼく) https://www.houboku.net/


メンタリストDaiGo、生配信で謝罪「今までで一番良くないことをした」 動画広告の収益は全額寄付へ https://news.yahoo.co.jp/.../a4a7c1db1d126eab0f07e609d99d...